*

睡眠の重要さ

最近、ある漫画を読みました。
ある病気をされた方の体験記なのですが、現在あるSNSで連載されていて、まだ完結していないためまだ分からない点もありますが、読んでいてとても恐ろしいものでした。

クリエイティブな仕事をされている方は、睡眠時間を削って仕事をされている方も多々いらっしゃいます。

その体験記を描かれた方も、毎日の平均睡眠時間は2~4時間。

体調不良が当たり前で、固形物さえ食べられなくなり、ポカリスエットで栄養を取るようになり、意識不明の重体に陥り入院。
一時は心停止し、二週間もの間意識不明だったそうです。

意識が回復した後も脳に障害が残り、体験記が描けるほどに回復なさった今も障害が残りリハビリ中だということです。

日本では徹夜してまで頑張ることが美徳、というような風潮が少なからずあります。

しかし死ぬまで頑張って、後に何が残るのでしょう?

この方は意識を失っている間も耳は聞こえていて、「あんな生活をしているからこんなことになるんだ、自業自得だ」といった罵詈雑言を浴びせられていたことを記憶しているそうです。
奇跡的に助かったから良かったようなものの、もしそのまま意識が戻っていなかったら、自業自得だと言われたまま死んでいたかもしれません。

また、睡眠不足からうつ病になることもあるそうです。

睡眠不足に陥ると、注意力が散漫になり、食欲も減退。
こういった状態が慢性的に続くと、精神にも影響が出てしまい、うつ病につながってしまうそうです。

その他糖尿病や高血圧、あらゆる病気の原因となりうるのです。

人の理想の睡眠時間は約7時間ほどだそうですが、日本人の約半数が6時間以下の睡眠しかとれていないのだそうです。

つまり日本人の半数以下が、病気になりうるということです。

度々様々な健康ブームが起こりますが、根本的な部分で健康を害していては焼け石に水。

自分が、よりよい睡眠をとれているかどうか、今一度確認してみてはいかがでしょうか。


MINGLEミングル横浜店



コメントする