*

2014年7月

浮気症の主人、探偵による調査に期待

主人の浮気癖に愛想が尽きてきました。結婚したら変わるかも、子供が生まれたら変わるかも…なんて散々甘やかしてきましたが、もう疲れてしまって。
子供が小学校へあがる前にと離婚を本格的に考えているのですが、不倫の証拠をしっかりおさえて慰謝料を取ろうと思っています。
今まで怪しい素振りやメールを見たことはあっても「証拠」となるとあれこれ難しい条件があるらしく、流石にもう常習犯になってる主人から見付け出すのは厳しくなってます。ちゃんと写真を撮ったり、例えば浮気デートに使ったホテルやレストランの領収書なんかがあるといいらしいんですが、そうそう簡単に尻尾を掴ませるとは思えません…

今後のためなので慎重にいこうと探偵 浮気 調査を依頼することにしました。
週末に出張らしいですが、恐らく…怪しいところです、早速調査をお願いするつもりです。


フラッシュモブの代行会社のまとめ

フラッシュモブの代行会社のまとめというものがありました。

 

http://matome.naver.jp/odai/2138599168638449001

 

フラシュモブの代行会社って何?という疑問を持っている方にはわかりやすいと思います。

 

imm36.jpg

参照:http://blogs.yahoo.co.jp/mwbhappygolucky/30793022.html

 

「フラッシュモブをやりたいけど自分にはできない」という方のために代わりにフラッシュモブをして、いろんな企画をしていこうというのが代行会社の意義ですね。

 

フラッシュモブの特徴というのは、なんといってもサプライズ。ゲリラ的に行うことにより相手を驚かせ、記憶にとどまらせることができますね。


夫はたぶん浮気をしています

夫はたぶん浮気をしています。いや、たぶんではなくて、きっとしていると感じます。しかし、なかなか証拠がつかめません。一度、夫が風呂に入っている間に、夫のスマートフォンを盗み見たことがあります。しかし、証拠となるメールや画像などは、見つけられませんでした。夫は、細かなことに気配りできるタイプで、私がスマホを盗み見るかもしれないことを想定して、絶対に浮気の証拠を見つけられないように、用意周到に削除しているのだと思います。または、スマホを介さないで、浮気相手と連絡を取り合っているのだと想像します。それで、友人に相談したら、プロの探偵に依頼してみるというのも、一つの方法だと言われました。しかし、調査費用って、金額的に安くはないでしょうし、できれば、自力で証拠をつかみたいと私は考えています。それでダメな場合は、探偵に依頼することも検討してみる、と友人には返答しました。友人は、コスト面で良心的な探偵を知っているから、そのときは連絡ちょうだいねと言ってくれて、頼りになります。

夫の浮気調査

夜寝る前にメールをしたりパソコンをしたりすると

夜寝る前にメールをしたりパソコンをしたりすると、頭が冴えてきて、さあ寝ようと思っても、なかなか寝付くことが出来ません。
でもね~、メールはチェックしたいし、返事も書かなくちゃならないし、調べものもしたいし。
メールの返信は、なるべく明日に延ばしたくはありませんものね。
それに、何かを調べたいと思ったら、いまどき、パソコンなしでは済みませんよね。
というわけで、冴え冴えとした頭でお布団に入ることになっちゃいます。
だいたい、布団に入る時間が遅いのに、なかなか寝付けないとなると、翌日に差し支えます。
ああいけない、早く眠らなくちゃと思えば思うほど眠れない・・。

一計を案じて、私は次のことを実行することにしました。

ひとつは、お風呂。
お風呂に入る時間を、メールとパソコンのあとと決めました。

もうひとつは、本を読むこと。
お風呂のあと、布団に入る前に本を読む。
古典的な方法ですが、効果がありますよ。
読むのが楽しみになるような本、気持ちが優しくなるような小説などを選んで、寝る前30分ぐらい、きっと読むようにしています。

そうして、幸せな気持ちになってお布団に入ると、結構楽に眠れます。

お試しください!

北の大地の夢しずく口コミめも

ジェネリック家具って?

yahooなどで見かけたキーワードにジェネリック家具というものがありました。
医薬品ではよく聞く単語だけれど家具でジェネリックってなんだろう、安いのかな?と覗いてみたら意外と高くてそっとページを閉じました。
しかし今考えてみれば、自分は格安の通販サイトや某格安の家具店などと比べてしまったけれど、普通に売っている家具からしたら安かったかもしれない。

そもそも、結局その時はジェネリック家具の意味を分からないまま放置してしまいました。

で、結局ジェネリック家具とはなんなのでしょう?

ジェネリック家具とは、意匠権の切れた有名デザイナーが手掛けた名作家具を、正規メーカー以外の企業が復刻して生産したもの、版権の期限が切れた製品を「ジェネリックプロダクツ」という考えのもとオリジナルをベースに再生産したもの、とあります。

つまり、有名家具のデザインと同じだけど、オリジナル品じゃないから安いよ、ということでしょうか?

芸術品などでいうところのレプリカ品のようなものでしょうか。

しかし実際オリジナルと遜色がなく、安く買えるのであれば確かにお得かもしれません。

やはり芸術品と同じように、デザイナーズ家具を持っていることをステイタスとし、正規メーカーであることに拘るのであれば、意味のないまがい物、ということになりますが。

デザインや機能性を認めていても、お値段的に手が出せないような人には有効です。

また、版権的にも問題がないのであれば、ちょっと買ってみたいなという気になります。

そこで改めて最初観たジェネリック家具のサイトを思い出せば、確かに安かったでしょう。
ものにもよるのかもしれませんが、おおよそ平均的にオリジナルの5分の1以下になっているのではないでしょうか。

オリジナル1つ買う金額で、リビングを整えられてしまいそうです。

とくにこういったことに拘りが無いのであれば、ちょっとチェックしてみる価値ありです。


上大岡・久里浜の美容室髪風船


睡眠の重要さ

最近、ある漫画を読みました。
ある病気をされた方の体験記なのですが、現在あるSNSで連載されていて、まだ完結していないためまだ分からない点もありますが、読んでいてとても恐ろしいものでした。

クリエイティブな仕事をされている方は、睡眠時間を削って仕事をされている方も多々いらっしゃいます。

その体験記を描かれた方も、毎日の平均睡眠時間は2~4時間。

体調不良が当たり前で、固形物さえ食べられなくなり、ポカリスエットで栄養を取るようになり、意識不明の重体に陥り入院。
一時は心停止し、二週間もの間意識不明だったそうです。

意識が回復した後も脳に障害が残り、体験記が描けるほどに回復なさった今も障害が残りリハビリ中だということです。

日本では徹夜してまで頑張ることが美徳、というような風潮が少なからずあります。

しかし死ぬまで頑張って、後に何が残るのでしょう?

この方は意識を失っている間も耳は聞こえていて、「あんな生活をしているからこんなことになるんだ、自業自得だ」といった罵詈雑言を浴びせられていたことを記憶しているそうです。
奇跡的に助かったから良かったようなものの、もしそのまま意識が戻っていなかったら、自業自得だと言われたまま死んでいたかもしれません。

また、睡眠不足からうつ病になることもあるそうです。

睡眠不足に陥ると、注意力が散漫になり、食欲も減退。
こういった状態が慢性的に続くと、精神にも影響が出てしまい、うつ病につながってしまうそうです。

その他糖尿病や高血圧、あらゆる病気の原因となりうるのです。

人の理想の睡眠時間は約7時間ほどだそうですが、日本人の約半数が6時間以下の睡眠しかとれていないのだそうです。

つまり日本人の半数以下が、病気になりうるということです。

度々様々な健康ブームが起こりますが、根本的な部分で健康を害していては焼け石に水。

自分が、よりよい睡眠をとれているかどうか、今一度確認してみてはいかがでしょうか。


MINGLEミングル横浜店